上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最後まで世話になりっぱなしだった。
金儲けだのなんだのから一切無縁の私がある程度豊かに暮らしているのもそのおかげだろう。
しかしいくらなんでも過保護じゃないか。
その上最後にかける言葉がよりによってあれときた。


…ああ、そうかなるほど。
保護という見方にもっと早く気付くべきだった。

今思えば私は、あいつに母親を見ていたのかもしれないな。

何て馬鹿馬鹿しい。


さよなら。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。