上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
約束はしたけれど、本当は実感なんてこもっていなくて。

ただ奪い取られるより先に奪い取ってやればいい。それくらいの考えだった。
らしくないなんて事も言われたけれど、別に私はそうとも思わない。

けれど、状況はそれを許してくれなくて。
結局一本の矢も当てられていない。無様なものだ。

しかし、それでも。悔やんでるだけじゃない自分を私は知っている。

・・・私の両腕だって、何かを護れる。
とても新鮮な気がした。


なるほど、こういう戦いもあるのか。


「似合わない」なんて言うなよ?

約束に縛られたつもりはない。
何故あんな約束をしたのか、それを考えれば自明の話。

あの二人は、私にとっても大事なんだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。