上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
抜け道に華香さんのところを追加。
華やかで和やかな雰囲気だから、殺伐としてたり沈んだりしてる人は行ってみるといい。


バトンのお返しに花を貰った。
中心に集う赤が私の瞳に似たらしい。

調べてみたら夏の花らしいんだが、流石は蓮の精霊。
そういえば季節に限らず懐炉さんも柿を生らすし、なぁさんもオレンジが出てくる。
自分の領域を持ってるって感じだろうか。いいなぁ。

そうそう、花と言えばヨハルさんなわけだけど。
華香さんもゆくゆくは彼女みたいにオリジナルの花を咲かせたりできる様になるのかね。


ああ、それから丘でコバチを見かけて思わず顔を出してしまった。
こんな事なら葛の花も貰っておけばよかったな。



木槿。

所謂「一日花」であり、朝方咲いたものは夕方にはしぼんでしまう。
そのため古来より人の世の儚さに例えられる。

それが転じたか花言葉は「繊細な美」
大陸の方では美人の代名詞だったりするらしい。


そしてもう一つの花言葉は「信念」
面白い発想だな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
やややっ! なにやら抜け道が追加されておりますっ ありがとうございます∑(´□`*
年中花粉症になりそうな場所ですが、和んで頂ければ幸いです(、、*(えへへ

木槿の花は、骨の冠を被った時のラムタム様に良く似ていたのですよ。
思わず花びらに顔の輪郭を描いてしまいそうでしたもの、ふふふ(´`*
じぃっと見ているととても落ち着きますし、それに爽やかでよい香りもしますしね。
気に入っていただけるといいのですが。

そうですねぇ、私もいつかはヨハル様のように綺麗なお花を
咲かせられるようになりたいですね。精進あるのみですねっ(ぐっ
その時になれば、きっとその花を持って遊びに行きますね。 
世界にひとつのラムタム様だけのお花とか作っちゃいますからねっヽ(´▽`)ノ (夢
2006/01/16(Mon) 18:03 | URL  | 華香 #nEx7PFYA[ 編集]
うわぁ
まさか花に例えられる日が来るとは思わなかった(笑
あんまり粗末な真似をすると木槿の花に失礼かね。

ヨハルさんの花は、何ていうか、うん。
がんばれ(食人花のトラウマ)

はは、世界に一つ、私だけのか。いいな、それ。
期待してるよ。ありがとう。
2006/01/20(Fri) 09:36 | URL  | ラムタム #LmMdU2V.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。