上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水気のないそれを手に取る。
いつも頭上に乗せる物とよく似た感触。
尖った先端に向けて滑らかな曲線を描くそれは、削りだしたというより力づくでへし折ったものであると見て取れた。

何か決めかねているような表情で、しばしそれを見つめる。



顔をしかめてそれを元の場所へと戻し、戦の支度に戻った。

きっと。
きっと大した事ではないのだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。