上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
難しい事言うなぁ。
考えた事も無かったと言えば嘘になる。国に品位というものがあるとすれば、私も下げてる側に入りそうだ。

騎士の国として見るのなら、私はきっと相応しくないし。

そんなものを求められても、困る。


ただ自分の行動には胸を張っていたいと思う。
それがどんなものであれ。

これも十分難しいが。

しかし。
焼き討ちのイメージの定着しつつある、あの炎大好きっ子とは真逆を行くな。

面白い。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。