上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラウンド2途中経過

一人ではどうしようも無いと判断。知人を頼る事にする。
ここで協力を求めるべきは料理、特に菓子作りに通じている人物。



居た!
冬場に手作りの菓子を貰ったり贈り物の際に世話になったりしていた。店の商品にケーキが並んでいた頃もあったはず。
しかも最近顔を見かけたばかりだ。


という事で華香に助けを求め、材料と作り方と注意点をまとめたメモを貰う。やはり慣れているのだろうか、とても分かりやすい。
これなら何とかなりそうだ。後で礼をしないと。

「ラムタム様のお家には…ないでしょうから、これ使ってください」

そして帰り際にエプロンを二着渡される。


花柄だった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
(通りがかりのワーウルフが、美味しそうな匂いに鼻をぴくぴくさせる)

(窓のふちに両前肢をかけて、小屋の中の様子を窺ってみる)



……!(花柄エプロン姿に吃驚し、そのまま固まる)
2006/07/16(Sun) 16:05 | URL  | アイスブルー #-[ 編集]
(視線に気付き振り返る
…。

みぃ~た~なぁ~・・・・・・?(威嚇の目
2006/07/18(Tue) 19:15 | URL  | ラムタム #LmMdU2V.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。