上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒヨコムシの卵って食えるのか?

勝手な印象ではあるが、資料といえばクロゼット。
ということで聞いてみたところ、ほんとに資料を持ってきてくれた。
ますます印象が強くなったがこれを聞いたら複雑そうな顔をするのが目に見えるので黙っておいた。

卵料理についての情報は得られなかったが、卵についての情報は得られた。

曰く一度に1~10個の卵を産み、孵化直後は15cmほどの大きさ。
4~5歳のものが人に慣れやすいらしく、おそらくペットショップで扱われているのはこの辺りのものらしい。
だが死ぬまで体は大きくなり続け(!)平均体重は平原種が300kg、森林種で550kg程度とされる。
まれに全長3m以上、体重が1トン以上のものも発見され、記録的な例では10mを超える群れが…

…何だこのでたらめな生き物。
当初と目的が変わってしまったが、いい発見が出来た。


こうすると気になってくるのは先日調理を保留したヒヨコムシの卵である。
あれはエクシュリが父親のルトに渡したらしい。
何か孵化させるとか言っていた気もするが。

はてさて。

ああ、あと。この手のやり取りは主に伝言でやってるよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。