上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだ続いているんだ、これが。
ええと、何処まで記していたっけ。

食材の調達が済んだくらいか。

そうそう、食材をエクシュリに集めさせてる間に私もする事があって買い物にでかけた。
必要なものは意外と多い。
そもそも菓子作りのための道具なぞ置いていないのだから当然だろう。
泡立て器とか普段何に使うって言うんだ。

ある程度は代用が効くだろうが、それ以外のものを二人分揃えるのは結構難儀だった。

さらに言うとオーブンも無い。
のでそこは鉄の蓋付きの鍋?のようなものを購入。名称は忘れた。
火にくべて蓋の上に炭なんかを乗せて、全体から温めるようにするもの、らしい。

これは今後も使えそうではある。


・エプロンついでに蝶結びを教える事に。
 途中「お母さんみたい」などと言い出したので一撃加える。

・粉モノを振るい終わる。途中でくしゃみしてえらい事になるとかいうベタな展開は、作業中呼吸を止めるという荒業で回避した模様。

・次いで卵を割らせてみる。
 多めに準備しておいたがほぼ全滅に追いやられた。
 今後も練習が必要のようだ。次は卵料理か

・という事でオーブンの出番。エクシュリにはクリームの泡立てを任せる
 華香のメモには「焦げないようにこまめにチェックを」とあるが、構造上蓋を開けると一々熱が逃げるためチェックは無理ではないか。そのままじゃ当然中身なんて見えんし
 勘でやったら軽く焦げた。ぶっつけ本番は良くない

・とか何とかやってる間にエクシュリが生クリームを焦がす。
 気合入れたら放電現象に繋がったらしい。

・余った材料でもう一度やらせる。今度は上手くいったか

・リンゴを乗せたいと言うのでナイフを渡す。
 その間にもう一個(エクシュリの方)のスポンジを焼きに。

・もうすぐ完成
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。